名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、「楽しみながら社会貢献活動を」

デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、名古屋ダイヤモンドドルフィンズと協働した点字シャツで、販売収益の一部と選手着用分のオークション売上すべてを合わせ、ディスレクシア協会名古屋・社会福祉法人名古屋ライトハウス情報文化センターへ寄付。音声教材などに充てて、支援に活用してもらいます。

ディスレクシアと視覚障がい者の支援に活用

点字シャツは、2023年秋から名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(名古屋D)をはじめとする5クラブとヒュンメルが実施したチャリティーシャツ。目の見えない、見えるに関わらず、手をたたいて声援をおくる姿をイメージし、裾部には指先で感じられる凹凸の点字加工でクラブ名を表したシャツで、売上の一部などを各クラブのホームタウンエリアでの視覚障がい者支援に繋げました。

昨年10月の着用と販売、選手着用シャツのオークションを経て、6月20日、ディスレクシア協会名古屋・名古屋ライトハウス情報文化センターに寄付金と名古屋Dバージョンの点字シャツの贈呈を行いました。

式典では、株式会社エスエスケイの斎木英志が、「今回の点字シャツの寄付は、私たちスポーツから皆さまへのパスだと思っています。次はアリーナでお会いできることを楽しみにしています」とあいさつ。今回の寄付金は、発達性ディスレクシアと視覚障がい者のどちらも利用できるICT機器の購入や講演活動に活用されます。

 

マスコット「ディーディー」との交流

発達性ディスレクシア(発達性読み書き障がい)とは、音読や書字の習得などに困難がある学習障がいで、見た目では分からないために、本人のやる気や家庭の問題だとされることがあります。ディスレクシア協会名古屋の吉田優英さんは、「統計としては、人口の8%がディスレクシアだといわれていますが、当事者の親御さんが理解をしていないことも多くあり、子どもたちが自信をなくし、不登校になってしまうこともあります。まずは今回のことをきっかけにディスレクシアということをより多くの方に知ってもらいたいと思います」と訴えました。

名古屋ライトハウスの岩間康治さんは、「当施設は視覚障がい者を中心に情報提供をしていますが、10年近く前からディスレクシアの方にも利用いただいており、ここ最近では、タイピング体験や音声図書を利用される方が多くなってきました。今回の点字シャツは非常に興味深いアイテムで、館内に飾ってより多くの人に見てもらったり、イベント時に着用するなど、活用できればと思います」と話しました。

贈呈式に参加していた名古屋ライトハウスのスタッフに、点字シャツを着てもらったり、公式マスコット『ディーディー』と触れ合いの時間を設けました。全盲のスタッフからは、「服についている点字は初めてで新鮮」、「チーム名が英語で書いてあるね」、「ディーディーと握手でコミュニケーションできてよかった」など、それぞれ感想を語りました。

名古屋Dが行う社会貢献プロジェクト『ドルフィンズスマイル』を担当する須賀綾乃さんは、「ディーディーに触れて、『大きいね、やわらかいね』と、視覚障がいのある方にも可愛がってもらえるディーディーを愛おしく思ったのと同時に、もっと多くの方と交流していく未来が想像できました。私たちは、『ファンの皆さまが楽しみながら参加したら社会貢献活動につながっている』という仕組みを大切にしています。今後も、ディスレクシア協会名古屋、名古屋ライトハウス情報文化センターの皆さまと地域の社会課題解決に向けた取り組みをご一緒できることを楽しみにしています」と継続的な取り組みに繋げていくと話しました。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズについて

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、2021年に創立100周年を迎えた三菱電機でも最も古いバスケットクラブをルーツに70年以上の歴史を持つ。『ダイヤモンドドルフィンズ』には、水の中を泳ぐイルカのようにコートを走り、そして、ダイヤモンドのように強く光り輝く、という意味が込められ、ホームタウンである名古屋地区の豊かな未来社会の実現に貢献する。2023-24シーズンは、41勝19敗で西地区初優勝を飾り、チャンピオンシップでは初のセミファイナルに進出した。

【OFFICIAL SITE】https://nagoya-dolphins.jp/https://nagoya-dolphins.jp/

RELATED POST